2018年6月20日更新

ロードセル変換器


アナログデバイセズ社の低雑音計装アンプIC AD8221 を使用したロードセル変換器です。
ロードセル用電源を内蔵しており 350Ωのロードセルに直結して使用することができます。
定格出力は ±10V です。
A-630L とほぼ同じ機能、特性ですが、端子台接続となっています。
A-832L と比べて、応答周波数が高く、残留出力雑音が少し大きくなっています。

同じ定格出力=±10Vで、+24V電源用の変換器 A-M10 こちら。。。

取扱説明書..... manual_a830l.pdf
回路図はこちら..... a830l_v2_cir.pdf
温度試験データはこちら......a830l_tempco.pdf


拡大写真

 型名  A-830L
 計装アンプ IC  AD8221 (アナログ・デバイセズ社製)
 適合ロードセル抵抗値  350Ω
 ロードセル用内蔵電源  +5V±2% / 17mA max
 感度調整範囲  0.5mV/V 〜 2.2mV/V
 定格出力  ±10V
 適合負荷抵抗  10kΩ以上
 零点調整範囲  ±1.8V (フルスケールの±18%)
 応答周波数  3kHz ( -3dB ) (感度 1mV/V のときの標準値)
 残留出力雑音  1mV rms (感度 1mV/V のときの標準値)
 動作周囲温度  −20℃ 〜 +60℃
 電源  ±12〜15V / 20mA max (出力無負荷時)
 入力/出力用端子台  ML-950-4 (サトーパーツ)
 外形寸法  70×40×16
 本体価格(消費税別)  \6,400-
 税込み価格  \6,912-
 送料  \600- (発送は日本国内のみ)

上記以外の感度のロードセルにも対応可能です。
また、応答周波数を低くして残留出力雑音を小さくすることも可能ですので、ご相談ください。


ロードセル用変換器のページに戻る